動画一覧

2013年06月06日(木)

いよいよ、平成25年度期ユニットリーダー研修が始まりました。
関西ブロック①の講義が5月20日~22日まで
大阪梅田のビジネスセンターで開催されました。
受け入れ担当者として桐本相談員と私吉田が初めて出席。
主任施設の高秀園のみなさんにお世話になってのスタート。
全体講義の準備、受講生の受付だけで緊張です。
今回は、北は新潟、南は沖縄から実習生25名が舞鶴に来られます。
 

 

 

2013年05月17日(金)

この度、グレイスヴィルまいづるは、一般社団法人日本ユニットケア推進センターが実施する、ユニットリーダー研修「実地研修施設」の指定を受けました(*^_^*)

指定を受けるまで苦節3年、2浪を糧に、スタッフみんなが多くを学び、努力を続けてきたことがようやく認められ実を結びました。5月から実習生の受け入れが始まります。教育施設たるよう今後も努力してまいりますので、全国からはるばる舞鶴に来られる実習生の受け入れにつきまして、みなさまのご理解とご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。

250502ユニットケア 03720130502142206499_0001

2013年05月08日(水)

ジャレオさんのダンスワークショップから 

「落下ダンス」

西川 勝(大阪大学コミュ二ケーションデザイン・センター)

 ガリレオ・ガリレイの落下の法則は、「重力による落下速度はその物体の質量の大きさに依らない」というものです。彼は、長い間信じられていた「重いモノが速く落ちる」という考えを、ピサの斜塔で実験をすることによって打ち破りました。どんなに確からしい事も、自分の目で確かめてみる科学者精神が真理を見つけたのです。

 とつとつダンスでは、ティッシュペーパーやポリ袋、タオルが落ちていく様子に合わせて、自分も床に倒れ込むというダンスをしてみました。ガリレオの実験とは違って空気の抵抗があるので、それぞれに違う軌跡をえがいてモノは落下します。手を離せばモノは落ちるという思い込みだけでなく、実際に落ちていく様子をじっくり見つめて、それを自分の身体の動きに移していく。このダンスとしっかり取り組むにはガリレオになる必要があったのです。

ページトップへ戻る