動画一覧

2013年03月30日(土)

「贈り物」

西川勝(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

2月の人類学カフェは「贈り物」について考えました。バレンタイン・デーの内輪話からはじまって、人類学の名著であるマルセル・モースの「贈与論」の紹介へとつながる面白い内容でした。
私たちの暮らしに、贈り物はさまざまな姿で現れます。人生の節目を祝う贈り物や、季節の行事に即した贈り物もあります。また、ちょっとした旅行や訪問の際に持参するお土産もあります。もらって嬉しい贈り物ですが、モースのよると、贈り物には必ず返礼の義務が伴っているので、人と人のあいだに贈り物が循環する仕組みが生まれるというのです。
「心を込めた贈り物」という言い方が良くされますが、込められた心は、贈った人の大切な心ですから、もらった人は「贈った人の心」を、別の贈り物に乗せて返さなければいけません。
お金で物を売り買いする「交換」と違って「贈与」は、一回きりで終わらないのは、贈り物には心が込められているからなのです。

2501017 055

 

2501017 054

2013年02月24日(日)

ジャレオさんのダンスワークショップから 

「自分遊び」

西川 勝(大阪大学コミュ二ケーションデザイン・センター)

 3月の「とつとつダンス」は科学技術と遊んでみました。キネクトという機械の前で身体を動かすと、自分の姿が棒人形として投射されます。

 自分の動きが画面に反映されるのですが、ビデオで見るように姿形が忠実でないところが面白い。自分であることは確かなんだけど、ちょっと違う。いや、だいぶ違う。自分と同じように動くと思ったら、微妙に裏切られたりする。自分の予測が不意に屈折させられる。自分の射影と遊ぶのが楽しいのは、自分が謎めいてくるからでしょう。

 遠い記憶にある影遊びが思い出されました。人恋しいときの自分遊び、少し慰められて、やがて少し寂しくなる。誰も居ないところにひとり居ても、人は相手を望むもののようです。自分を何かに託して誰かに受け取ってもらう、ときには自分がそれを受け取ることもある。合わせ鏡の中の自分です。

1 41 42 43 44 45 46

ページトップへ戻る