動画一覧

2013年05月17日(金)

この度、グレイスヴィルまいづるは、一般社団法人日本ユニットケア推進センターが実施する、ユニットリーダー研修「実地研修施設」の指定を受けました(*^_^*)

指定を受けるまで苦節3年、2浪を糧に、スタッフみんなが多くを学び、努力を続けてきたことがようやく認められ実を結びました。5月から実習生の受け入れが始まります。教育施設たるよう今後も努力してまいりますので、全国からはるばる舞鶴に来られる実習生の受け入れにつきまして、みなさまのご理解とご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。

250502ユニットケア 03720130502142206499_0001

2013年05月08日(水)

ジャレオさんのダンスワークショップから 

「落下ダンス」

西川 勝(大阪大学コミュ二ケーションデザイン・センター)

 ガリレオ・ガリレイの落下の法則は、「重力による落下速度はその物体の質量の大きさに依らない」というものです。彼は、長い間信じられていた「重いモノが速く落ちる」という考えを、ピサの斜塔で実験をすることによって打ち破りました。どんなに確からしい事も、自分の目で確かめてみる科学者精神が真理を見つけたのです。

 とつとつダンスでは、ティッシュペーパーやポリ袋、タオルが落ちていく様子に合わせて、自分も床に倒れ込むというダンスをしてみました。ガリレオの実験とは違って空気の抵抗があるので、それぞれに違う軌跡をえがいてモノは落下します。手を離せばモノは落ちるという思い込みだけでなく、実際に落ちていく様子をじっくり見つめて、それを自分の身体の動きに移していく。このダンスとしっかり取り組むにはガリレオになる必要があったのです。

2013年03月30日(土)

「贈り物」

西川勝(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

2月の人類学カフェは「贈り物」について考えました。バレンタイン・デーの内輪話からはじまって、人類学の名著であるマルセル・モースの「贈与論」の紹介へとつながる面白い内容でした。
私たちの暮らしに、贈り物はさまざまな姿で現れます。人生の節目を祝う贈り物や、季節の行事に即した贈り物もあります。また、ちょっとした旅行や訪問の際に持参するお土産もあります。もらって嬉しい贈り物ですが、モースのよると、贈り物には必ず返礼の義務が伴っているので、人と人のあいだに贈り物が循環する仕組みが生まれるというのです。
「心を込めた贈り物」という言い方が良くされますが、込められた心は、贈った人の大切な心ですから、もらった人は「贈った人の心」を、別の贈り物に乗せて返さなければいけません。
お金で物を売り買いする「交換」と違って「贈与」は、一回きりで終わらないのは、贈り物には心が込められているからなのです。

2501017 055

 

2501017 054

ページトップへ戻る